事業計画書作成・資金調達サポート

事業計画サポートのご紹介 ※スポット可

  • 事業計画書は作った方がいいの?
  • どのように利益を出していくのかシミュレーションしたい
  • 明確な数字の目標を持って起業したい
  • 事業計画書の作り方が分からない

事業計画書の必要性や作り方で迷われている方は多いようです。特にこれから起業される方は、将来の見通しが不安できちんと利益の計算をしたいものの、どのように作れば現実的なのか分からず困っているケースが多いようです。

当事務所は、中小企業から大企業まで様々な企業様、そして個人事業主様の事業に携わってきた経験を持っており、様々なリスクや可能性を考慮した上で安定した経営をして頂くための事業計画書をお作りしています。

事業計画書が役立つ場面

  • 金融機関から借り入れをする時
  • 自分の経営が上手くいっているかどうか確かめたい時
  • 従業員や関係者にビジョンと目標を示す時
  • モチベーションを高めたい時
  • 新規事業参入の判断をする時

費用について

報酬額 50,000円 
※場合によっては前後する場合もございます。ご相談の中で柔軟に対応いたします。

事業計画書に基づく振り返り

事業計画書は、作っただけでは意味がありません。実際に事業を始められた後は、当初の計画に照らし合わせてこま目に振り返りをし、対策や柔軟な修正をしていくことが重要です。当事務所の顧問契約には「予算分析オプション」があり、こちらを申し込まれたお客様には毎月、事業計画書に基づく振り返りレポートを作成してお送りさせて頂きます。

顧問契約の詳細についてはこちら
法人の方>>税務顧問サービス(法人向け)
個人事業主の方>>税務顧問サービス(個人事業主向け)

資金調達サポートのご紹介 ※顧問契約のお客様に限ります。

起業されるにあたり、事業内容によっては金融機関からの借り入れが必要になりますが、ご自身だけでは融資の申し込みをするのが不安だという方も多いかと思います。当事務所は「経営革新等支援機関」に認定されており、融資申請の書類作成や事業計画書作成、そして金融機関との面談対策まですべてサポートいたします。

資金調達サポートを当事務所にご依頼頂くメリット

融資の可能性を高める

せっかくご自身で書類を準備しても、目的である融資が受けられなければすべてが無駄になってしまいます。

利率が下がる

税理士と一緒に申請を行うことで借り入れの利率を抑えられる可能性があります。

金融機関の内部にも精通

副代表は金融機関の監査、顧問は銀行の支店長といった経験を持つため、金融機関内部の状況を把握した適切なアドバイスが可能です。

資金調達サポートの報酬について ※会社設立時は無料

報酬額 融資総額の1% 
※基本的な目安となります。前後が必要な場合もありますが、柔軟に対応いたします。

資金調達を成功させることは、夢を叶えるための第一歩です。少しでも融資を受けられる可能性を高めるため、ぜひ当事務所へご相談ください。